ホーム > 健康・福祉 > 地域包括ケア > 在宅医療の推進

更新日:2013年11月20日

ここから本文です。

在宅医療の推進

本県における在宅医療の推進について

本県の在宅医療の推進

多職種協働による在宅チーム医療を担う人材育成(平成24年度~25年度)

在宅医療人材育成イメージ

平成24年度在宅チーム医療人材育成事業(地域リーダー研修)

では,高齢化の進行に伴い,今後増加が見込まれる在宅療養者への質の高い在宅医療を提供できるよう,地域で在宅医療を担う人材(地域リーダー)を育成するための研修を開催しました。

宅医療関係者,関係団体,市町村職員等の多職種約200名が参加し,在宅医療の現状や課題,地域リーダーの役割と多職種のネットワークづくり等についての講義やグループワークを実施しました。

研修風景

 

日時・場所

平成25年1月19日(土曜日)14時~18時30分

平成25年1月20日(日曜日)9時30分~13時10分

県庁2階講堂

参加者(約200名)

市町村の在宅医療関係者(医師,歯科医師,薬剤師,看護師,介護支援専門員等)

関係団体(医師会,歯科医師会,薬剤師会,看護協会,訪問看護ステーション協議会,栄養士会,理学療法士協会,作業療法士会,言語聴覚士会等)

市町村職員(在宅医療担当者,地域包括支援センター職員等)

県職員(各地域振興局・支庁担当者)等

研修の内容

地域リーダー研修プログラム(PDF:80KB)

講師一覧(PDF:51KB)

 

鹿児島県在宅チーム医療人材育成事業地域リーダー研修資料

1日目:1月19日(土曜日)

講師等

主旨,構成内容

ガイダンス(PDF:80KB) 県介護福祉課
渡邉和代
1日目研修プログラムの構成,意図
地域リーダー研修の目的と関係者の役割(PDF:2,990KB) 県医師会
常任理事
鉾之原大助
1.社会情勢と医療の変化
2.在宅医療連携拠点事業の目的
3.在宅医療を進めていく上での課題
4.在宅医療連携拠点の活動のポイント
5.「医療計画」にみる地域在宅医療推進等
在宅医療の本質と理想の在宅医リーダー像(PDF:5,048KB) 県医師会
副会長
野村秀洋
1.理想の在宅医療の姿と心
2.在宅医療を担う人材に必要なもの
3.在宅医療のリーダーとは等

在宅医療連携拠点事業の取組から(1)

講義資料その1(PDF:4,819KB)講義資料その2(PDF:4,895KB)

内村川上内科
院長川上秀一
在宅医療連携拠点事業者の取組から

1.病院と在宅で行う医療に対する技術や意識の差異
2.在宅医療の実際
3.在宅医療におけるエンドオブライフケアの対象,課題と支えるシステム等
在宅医療連携拠点事業の取組から(2)(PDF:3,501KB) ナカノ在宅医療
クリニック院長
中野一司

訪問診療の実際と同行研修の意義

画像教材(国立長寿医療研究センター)(外部サイトへリンク)

医療ドキュメンタリー在宅医療の風-命と生活を支える

県介護福祉課
渡邉和代
同行研修の場面紹介

かかりつけ医と在宅医療の推進

講義資料その1(PDF:4,317KB)講義資料その2(PDF:2,426KB)

県医師会
副会長
野村秀洋
1.かかりつけ医の動機づけの必要性と在宅医療の推進
2.かかりつけ医の動機づけを促す研修を行うことで見られた変化
3.柏プロジェクト-かかりつけ医研修-の取組と結果
グループワーク1
市町村における在宅医療推進(PDF:58KB)
県介護福祉課
宮園君子
行政,医師会,連携拠点等が有機的につながり,地域全体へ面展開することを意識して地域(市町村)ごとに討議
1.市町村における在宅医療推進の意義
2.市町村の在宅医療推進のための方略
3.地域での研修事業の展開に向けて

2日目:1月20日(日曜日)

講師等

主旨,構成内容

多職種連携協働の今日的意義とグループワークの進め方(PDF:560KB) 県介護福祉課
宮園君子
1.多職種連携協働の意義,困難とする要因などの解説
2.グループワークを効果的に進めるための方法

グループワーク2

地域における課題抽出方法の演習(PDF:162KB)

在宅医療の課題一覧(PDF:133KB)

県介護福祉課
宮園君子
1.在宅医療に関する様々な課題抽出方法の演習
2.KJ法を用いた課題抽出の演習
3.全体ディスカッション
課題抽出の方法とその解決策の事例紹介(PDF:4,580KB) 肝属郡
医師会立病院
地域医療室
坂上陽一
1.在宅療養を支える医療介護資源の視覚化,数量化を通じた課題抽出の方法
2.様々な課題抽出の方法と解決策の事例紹介

グループワーク3
多職種ケアカンファレンス(PDF:56KB)

画像教材(国立長寿医療研究センター):(外部サイトへリンク)ほほえみをたやさない生活を支えるために~多職種協働と連携が拓く在宅医療・ケアの未来~

まとめ(PDF:400KB)

県保健福祉部
参事八田冷子
多職種ケアカンファレンス映像を視聴し,理想的な多職種連携協働に関する検討を行う。

アンケート

アンケート用紙(PDF:140KB)

アンケート結果(PDF:102KB)

平成25年度在宅チーム医療体制づくり事業

では,平成24年度に育成した地域リーダーを活用して,県,市町村が中心となって,各地域振興局・支庁等単位で地域の在宅医療の推進方策等について検討し,その検討結果等を研修会を通じて地域の在宅医療関係者と共有し,地域で在宅チーム医療を提供するための連携体制づくりを行っています。

 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部介護福祉課

電話番号:099-286-2694

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?