ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症 > 肝炎関連情報 > 肝炎医療費の助成対象の追加について

更新日:2017年4月17日

ここから本文です。

肝炎医療費の助成対象の追加について

肝炎治療受給者証の交付申請に係る申請書,診断書については,「肝炎治療助成制度について」をご覧ください。

セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のいずれにも該当しない患者のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変に対するソバルディ錠及びリバビリンとの併用療法が医療費助成の対象となりました

セログループ1(ジェノタイプ1)又はセログループ2(ジェノタイプ2)のいずれにも該当しない患者のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変に対するソホスブビル(販売名:ソバルディ錠400mg)及びリバビリンとの併用療法が医療費助成の対象となりました。

助成の対象となる治療期間

助成の対象となる治療期間は24週で,副作用による休薬等,本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合でも,助成期間の延長はありません。

経過措置について

平成29年3月31日までに申請した方は,治療開始時期に合わせて医療費助成開始日を平成29年3月24日(保険適用日)までさかのぼることができます。

B型慢性肝疾患に対するベムリディ錠が医療費助成の対象となりました

B型慢性肝疾患に対するテノホビルアラフェナミドフマル酸塩錠(販売名:ベムリディ錠)が医療費助成の対象となりました。

助成の対象となる治療期間

助成期間は1年間です。

1年を過ぎても治療が継続されている場合は,更新申請を行うことができます。

経過措置について

平成29年3月31日までに申請した方は,治療開始時期に合わせて医療費助成開始日を平成29年2月15日(保険適用日)までさかのぼることができます。

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変に対するジメンシー配合錠が医療費助成の対象となりました

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変に対するダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・ベクラブビル塩酸塩配合錠(販売名:ジメンシー配合錠)が医療費助成の対象となりました。

助成の対象となる治療期間

助成の対象となる治療期間は12週で,副作用による休薬等,本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合でも,助成期間の延長はありません。

経過措置について

平成29年3月31日までに申請した方は,治療開始時期に合わせて医療費助成開始日を平成29年2月15日(保険適用日)までさかのぼることができます。

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変に対するエルバスビル及びグラゾプレビル併用療法が医療費助成の対象となりました

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変に対するエルバスビル(販売名:エレルサ錠)及びグラゾプレビル水和物(販売名:グラジナ錠)併用療法が医療費助成の対象となりました。

助成の対象となる治療期間

助成の対象となる治療期間は12週で,副作用による休薬等,本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合でも,助成期間の延長はありません。

経過措置について

平成29年3月31日までに申請した方は,治療開始時期に合わせて医療費助成開始日を平成28年11月18日(保険適用日)までさかのぼることができます。

セログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎に対するヴィキラックス配合錠及びレベトールカプセル併用療法が医療費助成の対象となりました

セログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎に対するオムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(販売名:ヴィキラックス配合錠)及びリバビリン(販売名:レベトールカプセル)併用療法が医療費助成の対象となりました。

助成の対象となる治療期間

助成の対象となる治療期間は16週で,副作用による休薬等,本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合でも,助成期間の延長はありません。

経過措置について

平成29年3月31日までに申請した方は,治療開始時期に合わせて医療費助成開始日を平成28年9月28日(保険適用日)までさかのぼることができます。

C型慢性肝炎の医療費助成の対象に新薬を追加しました

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎,又はC型代償性肝硬変に対するオムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(販売名:ヴィキラックス配合錠)を医療費助成の対象としました。

助成の対象となる治療期間

助成の対象となる治療期間は12週で,副作用による休薬等,本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合でも,助成期間の延長はありません。

経過措置について

平成28年3月31日までに申請した方は,治療開始時期に合わせて医療費助成開始日を平成27年11月26日(保険適用日)までさかのぼることができます。

C型慢性肝炎の治療薬レジパスビル/ソホスブビル配合錠の医療費助成について

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎,又はC型代償性肝硬変に対するレジパスビル/ソホスブビル配合錠(販売名:ハーボニー配合錠)を医療費助成の対象としました。

助成の対象となる治療期間

助成の対象となる治療期間は12週で,副作用による休薬等,本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合でも,助成期間の延長はありません。

経過措置について

平成28年3月31日までに申請した方は,治療開始時期に合わせて医療費助成開始日を平成27年8月31日(保険適用日)までさかのぼることができます。

インターフェロンフリー治療(ソホスブビル及びリバビリン併用療法)の肝炎医療費助成について

セログループ2型(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎,又はC型代償性肝硬変に対するソホスブビル(販売名:ソバルディ錠400mg)及びリバビリン併用療法を医療費助成の対象とします。

助成の対象となる治療期間

助成の対象となる治療期間は12週で,副作用による休薬等,本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合でも,助成期間の延長はありません。

「肝炎治療受給者証の交付申請に係る診断書」を作成する医師

1.日本肝臓学会肝臓専門医
2.鹿児島県肝疾患診療連携ネットワーク研修会に過去1年以内に参加した医師
3.上記1,2のいない離島で肝疾患治療を行っている医師

経過措置について

平成28年3月31日までに申請した方は,治療開始時期に合わせて医療費助成開始日を平成27年5月20日(保険適用日)までさかのぼることができます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2724

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?